いんきんたむし(股部白癬)

いんきんたむし(股部白癬)のおすすめ市販薬ランキング
いんきんたむし完治セット
ファンガソープEXで患部を清潔にしたあと、いんきんたむし用ラミシールで治療する、確実に治し再発もさせたくない人のためのいんきんたむし完治セット。しつこい痒みも、掻いて広げてしまった患部もこの二つがあれば大丈夫!ファンガソープEXは継続して使えるから再発が心配な方には特におすすめ。
いんきんたむし用ラミシール
いんきんたむし用ラミシールは、原因菌である白癬菌に対し強力な殺菌効果を持つ、塩酸テルビナフィン配合。治療のコツは痒みが治まってからも一月は塗り続けること、広範囲に塗ること。デリケートなゾーンだからこそすぐ治したい、人前で掻けなくて辛い、そんな悩みを解消するには専用のお薬です。
いんきんたむし用ファンガソープEX
ファンガソープEXは、殺菌・抗菌・痒み止め効果のある7種の天然植物成分を配合するカンジダ菌・水虫菌対策ソープです。香りや使用感にも気を配っているため、日常生活で使える上に水虫の継続治療もできて簡単便利。マイルドながら確かな殺菌効果で、痒みの軽減や全身の皮膚病予防に最適です。

オロナインはいんきんたむしにも効果有

水虫の原因と言われる白癬菌は、感染する箇所によって呼び名が変わるというのはご存知な方も多いかと思います。白癬菌に感染しやすいのは高温で湿り気の多い場所ですから、人に知られるのはちょっと嫌だなっていう場所とも言えそうです。

白癬菌に感染して起こるものの中でも、特に人には知られたくないかと思うのがいんきんたむしではないでしょうか。いんきんたむしは股部が白癬菌に感染した状態を言いますが、これはやっぱりなるべくなら人に知られずに治したいものですよね。そんな時は割とどこのご家庭にでもあるオロナインがおすすめです。

あかぎれなどに効果があるとして有名なオロナインですが、オロナインの効果効能には水虫がきちんと含まれていますから、安心して使用することが出来ます。オロナインであれば、薬局やドラッグストアーなどでも簡単に購入することが出来ますから、いざという時に慌てなくて済みますよね。しかもオロナインであれば、他人にいんきんたむしで使うとは思われにくいので、不安な方でも抵抗なく購入することができるのではないでしょうか。

オロナインはお風呂上りなどの清潔な状態の時に塗ると効果が得やすいですが、ジュクジュクした状態だと逆効果になる場合もありますので注意が必要です。オロナインをしばらく塗ってみても効果を実感できない場合には、皮膚科を受診するのが良さそうです。オロナインはあくまで市販薬ですから、状態や症状の度合によっては効果を得られないこともありますからご注意下さい。

股付近は高温多湿ですからインキンタムシに注意

股付近で白癬菌に感染するのがいんきんたむしですが、いんきんたむしの原因となる菌は、水虫や爪水虫の原因となる菌と同じです。カビの一種の白癬菌は、高温多湿な場所を好みますから、股付近や足の指なんて場所は好まれると想像がつきますよね。

足の指や爪といった場所と異なり、股付近は皮膚が薄いため、水虫よりも治しやすいとは言われますが、それでも治るまでの期間の痒みや痛みといった辛さには変わりはないですから、ならないように気を付けるのが正解といえそうです。

いんきんたむしとはどんなものなのか?と思われる方もいるかと思いますが、画像付きで詳しく症状や進行過程を説明してくれている親切なサイトなどもありますし、割と分かりやすいところも多いですから、そういったサイトで知識として知るというのもいいかもしれません。

画像付のサイトで見る限りでは、いんきんたむしの初期症状は本当に小さな赤いポツポツです。それが徐々に円を描くように広がっていき、かゆみや痛みといった症状を強くしていくそうです。画像を見ながらだと分かりやすいですが、見てるだけで痛痒そうなので、そういうのが苦手な方は画像付のサイトは避けた方がいいのかもしれません。

白癬菌に感染しやすくなるのは免疫力が低下している時だといいますので、風邪などで体調を崩したりしないようにしたり、不規則な生活を改めたり、ストレスを溜めたりしないようにするのが水虫はもちろんいんきんたむしを遠ざける1番の方法といえます。他にも基本的なことですが、体を清潔に保つことで、菌を体から洗い流すことができますから、不潔にしないということも大切ですね。